キーボードは日本語配列と英語配列のどちらにするべきなのか

ライフハック,雑多HHKB,キーボード

こんばんわ。

ネオニートになりたいどうもみけぽんです。

 

先日HHKBのキーボード(約25,000円程)を購入したのですが、2年ほど前まで自宅ではL〇gicoolの2,000円程のキーボードを使っていた私にとって大きな自己投資をしました。

しかし深く考えずに英語配列にしてしまったのですが、これが大きな誤算だったのでした。

 

英語配列キーボードを購入し、色々感じた所感をまとめようと思います。

 

 

結論から言うと絶対に日本語配列にすべき

私の場合は「キーが少なくてスッキリしてカッコいい!」という理由で深く考えず、いつも使っていて馴染みがある日本語配列ではなく英語配列キーボードにしてしまいました。

しかしこれからどちらのキーボードにするか悩んでいる方は絶対に日本語配列にするべきです。

その理由を挙げていきます。

 

バックスペースやかな変換など、いつも使うキーが同時押しになる

バックスペースやかな変換、矢印キーが全て同時押し必須になります。

 

HHKBの場合はキーボード本体の設定でバックスペースは同時押しを解除できますが、それでも多用するかな変換キーなどは同時押しが必要です。

本体のキーが少ないということはそれだけ同時押しするキーが沢山あるということになります。

(よく考えれば当たり前ですね…くすん)

上記のツイートはHHKBのキー配置の特殊性もありますが、それ以上に同時押しキーが多すぎることへの慣れの方が大変でした。

 

職場は日本語配列キーボードなので、リモート接続したらキー認識が嚙み合わない

職場ではREALFORCEの日本語配列キーボードを使っているのですが、自宅から職場へリモート接続するとキー配列の言語が噛み合わず悲惨なことになります。

 

購入前は全く考慮できておらず購入後に気づいたのですが、HHKBの場合はキー配列の言語がOSと異なる際は設定ファイルで言語切り替えを実行しなければなりません。

出社時はもちろん日本語配列キーボードを使用するためキー言語を変更することもできず、_(アンダーバー)や$はキー入力できず泣く泣く既存ソースからのコピペで対応しました。

 

リモート時だけ日本語配列の旧キーボードを使用しなければいけないとかめんどくさすぎる。

まとめ

もうしばらく自宅開発では現在の英語配列HHKBで頑張りますが、あの日に戻せるなら購入するのは日本語配列キーボードに替えたいです…

高級キーボードは打鍵感などがとてもいいので、ご覧になっている皆さんは有無を言わさず日本語配列キーボードにしましょう。