WordPressのサイトをPWAでアプリにする手順

Android,WordPress,アプリ,技術PWA

 

2019/12/15に当ブログをAndroidアプリにしてGoogle Playへ公開しました。

手順自体はそんなに難しくなかったので、備忘録としても残しておきます。

 

 

まずはサイトをPWA化する

参考サイト

PWA化の大まかな流れは下記を参考にさせてもらいました。

参考サイトhttps://qiita.com/reuse_theta/items/dfff7a3172ed81942969

 

PWAとは?

PWA(Progressive Web Apps)とは簡単に言うと「スマホでウェブサイトを表示する際、アプリのように動作をさせる仕組み」のことです。

今回のアプリ化はこのPWA化が必須になります。

 

準備すること

サイトをHTTPS化する

まずはサイト全体をHTTPS化(SSL化)します。

無料証明書の「Let’s Encrypt」で問題ないので、まだの方はこの記事を参考にして対応してみてください。

 

192x192pngアイコンと512x512pngアイコンを用意する

アプリ化した際のアイコン画像を用意します。

私はフォトショップが使えますが開発機にインストールしていないので、WEB上で画像を無料で編集できるツールを使用して画像を準備しました。

https://www.photopea.com/

 

プラグインで「Super Progressive Web Apps」を追加する

当ブログはPWA対応できる設定のテーマを使用しているので切り替えはすぐでしたが、プラグインでもPWA設定は可能です。

詳しい設定方法は参考サイトを参照してください。

 

PWAサイトをアプリ用にビルドする

参考サイト

アプリのビルド化は下記サイトを参考にさせてもらいました。

https://webty.jp/staffblog/production/post-1213/

 

アプリ化サイトでURLを入力する

下記サイトでPWAサイトのURLを入力します。

https://appmaker.xyz/pwa-to-apk/

 

参考サイトを参考に必要な情報を入力すると、APKファイルのダウンロードURLが記載されたメールが届きます。

 

Google Playでアプリの公開申請をする

参考サイト

https://qiita.com/minuro/items/536ac3f7c27c1442a1cb

 

※この記事の手順でAPKファイルを作成したなら参考サイトの「Bundleの作成」は飛ばしてください。

 

APKファイルのアップロード

初めての場合は登録料の$25(一回きり)を払い、参考サイトの通りに必要な情報を入力していってください。

「AABファイルのアップロード」の箇所で、PWAサイトのAPKファイルをアップロードします。

 

申請したら後は公開を待つだけ

申請後、私の場合は公開されるまで4日かかりました。

初めてのアプリリリースということもあり、リジェクトされたものだとばかり考えてました。

ちなみに審査が通るとメールで通知が来ます。

 

所感

この手順通りでやれば、WordPressのみならず自作サイトも簡単にAndroidアプリ化できます。

しばらくはPWAサイトでアプリを数本公開し、その後Flutterでネイティブアプリ開発に着手しようと思います。